ホーム > 注文住宅 > 0宣言の家 >  ウッドデッキ
0宣言の家

ウッドデッキ

ウッドデッキ材にも「耐久性」「健康」にこだわっています。

○世界一腐らない木と言われる ウエスタンレッドシーダー

大井建設のウッドデッキ材は「ウエスタンレッドシーダー」を使用しています。
カナダという極寒の地で育ったウエスタンレッドシーダー。
カナダの先住民の人々は、生活の様々な場面で使われるこの木を「生命の木」と呼んできました。
耐久性が非常に高く、加工性も良いこの木は、カヌーやトーテムポール、収納箱や儀式のお面など色々な用途に利用されてきたほど、耐久性、腐朽性、耐水性に優れた木です。
大井建設では、この木を雨、風にさらされることの多い、ログハウス、ウッドデッキ材として使用しています。

○ウエスタンレッドシーダーの特徴

「安全と健康を奏でる豊かさへの道標」そんなイグサを求めて45年。 先人たちの知恵・革命に驚くばかり。日本人は、草色をしたイグサが香るタタミやゴザを愛し、木の家に住み、自然をさえぎるのではなく、自然を取り入れることによって、自然と一体化した生活を1300有余年もの時を過ごしてきました。 人生の1/3あるいは、半分近くの年月を、イグサとともに生活してきたものの、イグサの持つパワーを忘れつつあります。その力を高めるために、生体エネルギーを応用し、水の再生+土の再生→草の再生=自然の再生へ務めてきました。今、心身共に癒されるイグサに仕上げることが出来ました。そんな大自然の思いをあなたのお届けします。あなたの命(五感)で体感してみてください。

● 天然の耐腐朽性

ウエスタンレッドシーダーは針葉樹の中で最も優れた耐久性を持っています。この天然の耐久性は、主として含まれているツヤプリシンという多くの木材腐朽菌に対して、水溶性のフェリノックスが耐久性を高める役割を果たしています。

● 保温と断熱性

ウエスタンレッドシーダー材は、その低密度のため、高い断熱性能を持っています。市場に出ているほとんどの針葉樹の中で、最も断熱効果に優れており、レンガ、コンクリート、鉄鋼と比べた場合、突出した効果を上げています。

● 火炎伝播率

火炎伝播率は、67~78(等級2)で、煙拡大度は98となっております。ウエスタンレッドシーダーの火炎伝播率と煙拡大度は、米国とカナダの建築基準法に定められている最大許容範囲をはるかに下回るものです。

● 音響効果

ウエスタンレッドシーダーは、振動を吸収する特性を持つため、パネルやデッキ材に使用して雑音を減少、または、閉じ込めるのに大きな効果を上げることができます。その一方、優れた音の共振性を示す柾目の薄い板は楽器に適しています。

● 寸法安定性

ウエスタンレッドシーダー材は、その低密度と低収縮性の為、寸法安定性に優れています。その要因としては、ほとんどのカナダ針葉樹の繊維緩和点が25~30%であるのに対し、シーダーは、18~23%と低いことが挙げられます。この為、湿度の変化に対する収縮膨張率は、極めて低いのです。

● 再生可能資源

厳選されたレッドシーダーは、カナダでも希少価値の高いものです。経年変化に伴う乾燥収縮が細胞密度を高め、建築後100年程度で最も強度が高くなると言われています。そのため、リサイクル古材として十分利用できる木材です。

PAGE
TOP