ホーム > 注文住宅 > 安心の保障 >  音の検査(騒音測定)
0宣言の家

音の検査(騒音測定)

完成引き渡し前、もしくは引き渡し時に、全棟防音性能測定を実施します。

アトピーや喘息等、お子様やご家族のアレルギーでお困りの方に是非オススメしたい、健康増進住宅。「空気」に自信があるから、根拠ある濃度数値で有害物質から家族を守ることをお約束します。
測定方法
同じ条件で発生する音を「屋外」と「室内」で計測致します。「屋外」と「室内」の差をお施主様に提示し、どれだけ防音効果があるかをご説明しております。
※吸音効果の高いセルロースファイバーにより、防音効果はありますが、玄関や開口部などの極端な場所、家具から伝わる振動の音を全て防音することはできません。予めご了承ください

高性能騒音機にて測定します。

「dB」デシベルとはdBとは基準の信号と比較してどの程度大きいという表現の仕方です。
120デシベル 飛行機のエンジンの近く
110デシベル 自動車の警笛(前方2m)・リベット打ち
100デシベル 電車が通るときのガードの下
90デシベル 犬の鳴き声(正面5m)・騒々しい工場の中・カラオケ(店内客席中央)
80デシベル 地下鉄の車内・電車の車内・ピアノ(正面1m)
70デシベル ステレオ(正面1m、夜間)・騒々しい事務所の中・騒々しい街頭
60デシベル 静かな乗用車・普通の会話
50デシベル 静かな事務所・クーラー(屋外機、始動時)
40デシベル 市内の深夜・図書館・静かな住宅の昼
30デシベル 郊外の深夜・ささやき声
20デシベル 木の葉のふれあう音・置時計の秒針の音(前方1m)
音量のデシベルの定義
基準となる音圧は通常の人の耳に聞こえる最小音の2×10−5N/m2と比較してどの程度大きいという表現です。
音量(dB)=20xlog(対象の音圧/基準音圧) 基準=2×10−5N/m2。
評価の基準:適用等級 (日本建築学会による)
測定結果をもとに、建築物の用途に応じて、特級から3級までの適用等級として評価します。
事務所などに比較して、住宅や病院などは、より高い水準が求められます。
適用等級の意味
適用等級 遮音性能上の水準 説 明
特 級 遮音性能上 特に優れている 特別に高い性能が要求された場合の性能水準
1 級 遮音性能上 優れている 建築学会が推奨する好ましい性能水準
2 級 遮音性能上 標準的である 一般的な性能水準
3 級 遮音性能上 やや劣る やむを得ない場合に許容される性能水準
参考:室間音圧レベル差に関する適用等級
建築物 部屋の用途 特級 1級 2級 3級
集合住宅 居 室 D-55 D-50 D-45 D-40
ホテル 客 室 D-55 D-50 D-45 D-40
事務所 業務上プライバシーを要求される部屋 D-50 D-45 D-40 D-35
学 校 普通教室 D-45 D-40 D-35 D-30
病 院 病 室(個室) D-50 D-45 D-40 D-35

PAGE
TOP